売上高

利益

資産

キャッシュフロー

セグメント別売上

セグメント別利益

配当

ROE 自己資本利益率

EPS BPS

バランスシート

損益計算書

労働生産性

ROA 総資産利益率

総資本回転率

棚卸資産回転率

ニュース

  • ニュースリリースデータがありません。


最終更新:

E03723 Japan GAAP

売上高

44.9億 円

前期

41.1億 円

前期比

109.0%

時価総額

36.0億 円

株価

287 (06/14)

発行済株式数

12,554,379

EPS(実績)

29.47 円

PER(実績)

9.74 倍

平均給与

570.9万 円

前期

619.2万 円

前期比

92.2%

平均年齢(勤続年数)

42.6歳(19.5年)

従業員数

2人(連結:135人)

株価

by 株価チャート「ストチャ」

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、当社(株式会社小林洋行)、子会社4社及び関連会社1社により構成されており、投資・金融サービス業を主たる業務としております。

 当社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置付けは次のとおりであります。

 なお、当連結会計年度より報告セグメントの区分を変更しております。詳細は、「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項(セグメント情報等)」に記載のとおりであります。また、次の5部門はセグメントの区分と同一であります。

 

 1.投資・金融サービス業

(1)金融商品取引業

 当部門は、金融商品取引法に基づく金融商品取引業の登録を受けて、株式会社東京金融取引所で上場している取引所為替証拠金取引(くりっく365)及び取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365)を行っております。

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

(2)商品先物取引業

 当部門は、商品先物取引法に基づき国内の商品取引所に上場されている各種の商品先物取引について、受託業務を行っております。

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

 

(3)その他

 当部門は、金地金販売等を行っております。

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

2.生活・環境事業

(1)生命保険・損害保険の募集

 当部門は、生命保険の募集業務及び損害保険代理店業務を行っております。

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

(2)電設資材卸売

 当部門は、広告用電設資材の卸売業務等を行っております。

主な関係会社

子会社    株式会社三新電業社

 

(3)LED照明等の販売事業

 当部門は、LED照明等の販売事業等を行っております。

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

株式会社三新電業社

関連会社   BLUE EARTH株式会社

 

3.スポーツ施設提供業

 当部門は、ゴルフ場関連事業として当社が保有しているゴルフ場施設の運営等を行っております。

主な関係会社

子会社    株式会社日本ゴルフ倶楽部

 

4.不動産業

(1)不動産賃貸業

 当部門は、当社グループが保有しているビジネスホテル、ワンルームマンション等の物件を賃貸しております。

提出会社    株式会社小林洋行

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

(2)宅地建物取引業

 当部門は、宅地建物取引業法の規定に基づく免許を受けて、不動産の売買等を行っております。

主な関係会社

子会社    フジトミ証券株式会社

5.インターネット広告業

 当部門は、SEO対策、サイト制作及びコンサルティング業務等を行っております。

主な関係会社

子会社    株式会社小林洋行コミュニケーションズ

 

以上に述べたうち、主要な事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

※画像省略しています。

 (注)○印は連結子会社、△印は持分法適用関連会社であります。

 

23/06/30

4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

 当連結会計年度における当社グループ(当社、連結子会社及び持分法適用会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概況は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

 当連結会計年度におけるわが国経済は、ウィズコロナのもとで社会・経済活動との両立が進むなか、一部弱さがみられるものの、各種政策の効果もあって緩やかに持ち直しています。一方で、長引く物価高や供給不安に加え、金融引締め政策による海外景気の停滞などが、わが国の景気を下押しするリスクとして懸念され、先行きは不透明な環境が続くと見込まれます。

 当社グループの主たる事業である投資・金融サービス業において、国内の商品市場のうち金は、期初はロシアのウクライナ侵攻により世界的に金の需要が上昇したことに加え、対ドル円が急落したため、金価格は4月20日には史上最高値の8,160円(期先)を付けました。その後は、強弱材料混在のなかで乱高下を繰り返す不安定な値動きとなりましたが、安全資産としての金人気が依然根強く、年末にかけては7,000円台後半の高値圏で推移しました。さらに、3月中旬に起きた米国のシリコンバレーバンクとシグネチャー銀行の経営破綻によってリスクオフがさらに高まったことから、再びニューヨーク金に買いが集まり、それに追随する形で国内の金価格も押し上げられました。期末にかけては過去最高値を再三更新する展開となり、3月31日には8,463円(期先)まで上昇しました。

 国内の株式市場において、前半の日経平均株価は、米国株の下落や資源高による企業業績への圧迫懸念などの影響で不安定な値動きとなりましたが、米国の利上げ政策の後退や米国企業の良好な決算の影響で米国株が一転上昇基調となると、日経平均株価も8月17日には29,222円77銭まで上昇しました。後半は、米国で金融引き締め観測の再燃や英国金融市場の混乱による欧米株式市場の下落に加え、急落急騰した対ドル円相場の影響を受け、日経平均株価は乱高下する値動きとなりました。また、期末に起きた米国の中堅銀行2行の経営破綻とスイス金融大手の経営不安が世界の株式市場を一時混乱させましたが、米国政府の迅速な対応など金融システム不安が和らぐと、株式市場は米国を中心に上昇に転じ、日経平均株価も期末にかけて上昇基調となりました。

 生活・環境事業において、保険事業では、コロナ禍で対面営業を自粛していた反動とオンラインによる営業活動が活発化したことにより、新規契約件数などが回復基調となりました。一方で、少子高齢化や人口減少による影響で国内市場は引き続き縮小傾向にあり、厳しい環境が続きました。広告用電設資材卸売業においては、2021年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響により設備投資の停滞が続いておりましたが、今年度後半からの感染症流行の収まりを受け、広告関連の設備投資需要も増加傾向にあります。また、LED照明販売事業では、ウクライナ情勢による資源高の影響で電気料金が高騰するなか、LED照明への関心が改めて注目を集めました。その影響もありLED照明の需要は堅調に推移しました。

 スポーツ施設提供業において、ゴルフ業界は、比較的感染リスクが低いスポーツとして認知されたことが追い風となったため、コロナ禍をきっかけにゴルフを始める若年層の増加が続きました。また、利用者増加がゴルフ場の客単価を押し上げ、コロナ禍でコンペ需要等の縮小の影響を受けつつも、売上は上昇傾向となりました。

 不動産業において、ビジネスホテルは、ウィズコロナのもと、経済活動が通常に戻りつつあるなか、政府による全国旅行支援や水際対策の緩和などの効果により、稼働率は急速に回復しました。賃貸用マンションは、アフターコロナを見据えた人口移動の動きが回復するなか、東京都の都心部を中心に転入者数が増加傾向となり入居率改善の追い風となりましたが、学生や外国人労働者の動きは鈍く、そこをターゲットとしていたワンルームマンションは苦戦を強いられました。

 インターネット広告業においては、多種多様化する広告媒体のなか、ウィズコロナのもとで引き続きオンライン整備の強化や非接触営業手法の取組みに注力する企業が多く、好調な事業環境が続きました。

このような事業環境のもと、投資・金融サービス業は、顧客基盤拡大のため新規顧客の獲得と営業力の強化に注力した結果、預り資産や口座件数が大幅に増加しました。また、主力商品である金や株式などのボラティリティが大きく、CXやCFDを中心とした取引が増加したため、1年を通じて好調な業績を維持することができました。その結果、金融商品取引の受取手数料は1,321百万円(前連結会計年度比14.1%増)、商品先物取引の受取手数料は469百万円(同57.7%増)となったため、投資・金融サービス業の受取手数料は1,791百万円(同23.0%増)となりました。

 生活・環境事業において、保険事業のうち生保は、通達改正等による厳しい事業環境のなか、節税から保障と資産運用に目的をシフトした法人提案に注力し業績の維持を図りました。損保は、災害甚大化による保険料値上げがプラス要因となったほか、既存顧客の更改率の維持と新設法人をターゲットとした新規顧客の拡大を図りながら、業績の向上に努めてまいりました。その結果、募集手数料は283百万円(同10.1%増)となりました。また、広告用電設資材卸売業では経済活動化により広告関連の設備需要の回復を受け、売上高411百万円(同8.7%増)となり、LED照明等の販売事業の売上192百万円(同5.7%減)などを加えた、生活・環境事業の営業収益は888百万円(同5.6%増)となりました。

 スポーツ施設提供業において、当社が所有するゴルフ場(ゴールデンクロスカントリークラブ)では、ハイシーズンには一部台風等の影響を受けましたが、12月までは、ゴルフ需要の向上が客単価のアップに繋がり売上は好調に推移しました。しかし、今年に入ると、ウィズコロナのもと、ゴルフ以外の娯楽の選択肢が徐々に増えてきたことに加え、週末を中心に悪天候や寒波など気候面でも恵まれない場面が続いたため、来場者数は大幅に減少し、好調だった12月までの業績を下押しする結果となり、売上高は458百万円(同2.1%増)となりました。

 不動産業において、不動産賃貸では、当社グループが所有する賃貸用マンションは、引き続き安定した入居率を図るため、物件の付加価値向上や入居者の満足度向上を目的とした設備投資に注力しました。ビジネスホテルは、水際対策の緩和や全国旅行支援が実施されると、稼働率は急速に回復し、宿泊単価も向上しました。また、不動産売買では、引き続き販売用不動産の売却は順調に進みました。仕入れにつきましては、販売価格やリフォーム費用が高騰しているため、優良物件を慎重に選別しながら購入活動を続けてまいりました。その結果、売上高は610百万円(同8.5%増)となりました。

 インターネット広告業においては、前半は外注費等の増加によるコストアップが業績を圧迫しましたが、後半は、前半の反動に加え、集客に特化した広告の受注が好調となり、業績の向上に繋がりました。その結果、売上高は319百万円(同21.9%増)となりました。

 これらの結果、営業収益は4,113百万円(同14.3%増)、営業総利益は2,800百万円(同16.5%増)となりました。

 一方、営業費用は2,621百万円(同2.8%増)と増加しましたが、営業利益178百万円(前連結会計年度は営業損失145百万円)、経常利益236百万円(前連結会計年度は経常損失91百万円)となり、親会社株主に帰属する当期純利益は200百万円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純損失91百万円)となりました。

 

セグメントの業績は、次のとおりです。

a 投資・金融サービス業

 当連結会計年度の投資・金融サービス業の営業収益は1,837百万円(前連結会計年度比23.8%増)、セグメント利益は297百万円(同686.7%増)となりました。

当連結会計年度における投資・金融サービス業の営業収益は、次のとおりであります。

イ 受取手数料

区分

金額(千円)

前年同期比(%)

金融商品取引

 

 

 

取引所株価指数証拠金取引

1,007,391

32.0

 

取引所為替証拠金取引

314,600

△20.5

金融商品取引計

1,321,991

14.1

商品先物取引

 

 

 

現物先物取引

 

 

 

貴金属市場

430,219

74.4

 

農産物市場

2,148

△41.9

 

ゴム市場

628

△56.1

 

エネルギー市場

11

△90.7

 

小計

433,007

71.8

 

現金決済取引

 

 

 

貴金属市場

33,022

△15.9

 

エネルギー市場

3,283

△47.7

 

小計

36,306

△20.3

商品先物取引計

469,314

57.7

合計

1,791,306

23.0

 

ロ その他

区分

金額(千円)

前年同期比(%)

その他

46,427

65.5

合計

46,427

65.5

 

 当社グループの金融商品取引及び商品先物取引の売買高に関して当連結会計年度中の状況は、次のとおりであります。

ハ 金融商品取引の売買高の状況

区分

委託(枚)

前年同期比(%)

取引所株価指数証拠金取引

1,964,346

59.4

取引所為替証拠金取引

418,269

△17.3

小計

2,382,615

37.1

 

 

ニ 商品先物取引の売買高の状況

市場名

委託(枚)

前年同期比(%)

現物先物取引

 

 

貴金属市場

74,425

△23.7

農産物市場

2,522

△41.1

ゴム市場

1,319

△58.2

エネルギー市場

10

△93.8

小計

78,276

△25.6

現金決済取引

 

 

貴金属市場

51,436

△4.1

エネルギー市場

1,871

△71.6

小計

53,307

△11.5

合計

131,583

△20.4

 

 

 (注)1.主な商品別の委託売買高とその総委託売買高に対する割合は、次のとおりです。

前連結会計年度

自 2021年4月1日

至 2022年3月31日

当連結会計年度

自 2022年4月1日

至 2023年3月31日

取引所名

銘柄名

委託売買高

(枚)

割合(%)

取引所名

銘柄名

委託売買高

(枚)

割合(%)

㈱大阪取引所

68,963

41.7

㈱大阪取引所

58,259

44.3

金限日

31,725

19.2

金限日

24,692

18.8

白金

27,877

16.9

金ミニ

17,274

13.1

金ミニ

15,560

9.4

白金

15,514

11.8

㈱東京商品取引所

原油

6,591

4.0

白金ミニ

7,924

6.0

2.商品先物取引における取引単位の最低単位を枚と呼び、例えば金は1枚1kg、白金は1枚500gというように1枚当たりの数量は商品ごとに異なります。

 当社グループの金融商品取引及び商品先物取引に関する売買高のうち、当連結会計年度末において反対売買により決済されていない建玉の状況は、次のとおりであります。

ホ 金融商品取引の未決済建玉の状況

区分

委託(枚)

前年同期比(%)

取引所株価指数証拠金取引

52,887

8.9

取引所為替証拠金取引

32,462

63.4

小計

85,349

24.7

 

へ 商品先物取引の未決済建玉の状況

市場名

委託(枚)

前年同期比(%)

現物先物取引

 

 

貴金属市場

1,806

17.5

農産物市場

275

△42.8

ゴム市場

10

△87.7

エネルギー市場

小計

2,091

△0.8

現金決済取引

 

 

貴金属市場

3,896

8.1

エネルギー市場

81

△37.7

小計

3,977

6.5

合計

6,068

3.9

 

b 生活・環境事業

当連結会計年度の生活・環境事業の営業収益は888百万円(前連結会計年度比5.6%増)、セグメント損失は41百万円(前連結会計年度は27百万円のセグメント損失)となりました。

区分

金額(千円)

前年同期比(%)

生命保険・損害保険事業

283,959

10.1

広告用電設資材卸売業

411,602

8.7

LED照明等の販売事業

192,503

△5.7

合計

888,065

5.6

 

c スポーツ施設提供業

当連結会計年度のスポーツ施設提供業の営業収益は458百万円(前連結会計年度比2.1%増)、セグメント利益は25百万円(同23.4%減)となりました。

d 不動産業

当連結会計年度の不動産業の営業収益は610百万円(前連結会計年度比8.5%増)、セグメント利益は239百万円(同0.5%減)となりました。

区分

金額(千円)

前年同期比(%)

不動産賃貸料収入

245,856

0.7

不動産販売収入

364,246

14.6

合計

610,103

8.5

 

e インターネット広告業

当連結会計年度のインターネット広告業の営業収益は319百万円(前連結会計年度比21.9%増)、19百万円(同14.7%増)となりました。

 

財政状態については次のとおりです。

 当連結会計年度の総資産は16,961百万円、純資産は8,872百万円、自己資本比率は52.3%、1株当たり純資産額は712.4円となっております。

 

②キャッシュ・フローの状況

 当連結会計年度における連結ベースのキャッシュ・フローは、営業活動による収入270百万円(前連結会計年度は12百万円の支出)、投資活動による支出250百万円(前連結会計年度は124百万円の支出)及び財務活動による支出71百万円(前連結会計年度は133百万円の支出)でありました。この結果、当連結会計年度末の現金及び現金同等物は1,764百万円(前連結会計年度末比51百万円減)となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は以下のとおりです。

 

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度において営業活動の結果得た資金は、270百万円となりました。これは主に、税金等調整前当期純利益259百万円によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度において投資活動の結果使用した資金は、250百万円となりました。これは主に、敷金及び保証金の差入による支出181百万円の計上等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

 当連結会計年度において財務活動の結果使用した資金は、71百万円となりました。これは主に、配当金の支払額31百万円の計上によるものであります。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

 経営者の視点による当社グループの経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

 なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当社グループが判断したものであります。

①重要な会計方針及び見積り

 当社グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成されております。この連結財務諸表の作成に当たりまして、当社グループは、過去の実績及び判断により合理的と考えられる数値に基づいて評価及び見積りを行っております。ただし、見積りによる不確実性のため異なる結果となる可能性があり、実際の結果はこれらの見積りと異なる場合があります。

 

②当連結会計年度の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容

 当社グループの当連結会計年度の経営成績等は次のとおりであります。

(営業収益)

 営業収益は、受取手数料2,075百万円(前年同期比360百万円増)、売上高1,992百万円(前年同期比136百万円増)、その他の営業収益46百万円(前年同期比18百万円増)となりました。当社グループの中核事業である投資・金融サービスにおいて金融商品取引の受取手数料は1,321百万円(前年同期比162百万円増)、商品先物取引の受取手数料は469百万円(前年同期比171百万円増)と大幅に増加しました。売上高は、生活・環境事業888百万円、スポーツ施設提供業458百万円、不動産業610百万円、インターネット広告業319百万円であります。

(営業費用)

 厳しい経営環境が続いている状況をふまえて事業経費の見直しを進めておりますが、営業費用は2,621百万円(前年同期比71百万円増)となりました。主な営業費用の内訳は、人件費が1,710百万円(前年同期比216百万円増)、電算機費が155百万円(前年同期比1百万円増)、取引所関係費が61百万円(前年同期比2百万円増)、広告宣伝費が28百万円(前年同期比4百万円減)であります。

(営業損益)

 投資・金融サービス業における大幅な増収により営業利益は178百万円(前連結会計年度は営業損失145百万円)となりました。

(経常損益)

 経常利益は236百万円(前連結会計年度は経常損失91百万円)となりました。

(親会社株主に帰属する当期純損益)

 親会社株主に帰属する当期純利益は200百万円(前連結会計年度は親会社株主に帰属する当期純損失91百万円)となりました。

 

前連結会計年度

自 2021年4月1日

至 2022年3月31日

当連結会計年度

自 2022年4月1日

至 2023年3月31日

区分

金額(百万円)

営業収益に占める割合(%)

金額(百万円)

営業収益に占める割合(%)

 営業収益

3,598

100.0

4,113

100.0

 内訳 受取手数料

1,714

47.6

2,075

50.4

売上高

1,855

51.6

1,992

48.4

その他の営業収益

28

0.8

46

1.1

 売上原価

1,194

33.2

1,313

31.9

 営業費用

2,549

70.8

2,621

63.7

 営業利益又は営業損失(△)

△145

△4.0

178

4.3

 経常利益又は経常損失(△)

△91

△2.6

236

5.8

親会社株主に帰属する当期純利益又は

親会社株主に帰属する当期純損失(△)

△91

△2.5

200

4.9

 

 当社グループの経営成績に重要な影響を与える要因につきましては、「第2 事業の状況 3 事業等のリスク」の項目をご参照ください。

(資産、負債及び純資産の状況)

 当連結会計年度末の総資産額は、前期末と比べ1,886百万円増加し16,961百万円となりました。これは主に、差入保証金の増加1,161百万円及び委託者先物取引差金の増加396百万円によるものであります。
 負債総額は、前期末と比べ1,636百万円増加し8,089百万円となりました。これは主に、預り証拠金の増加305百万円及び受入保証金の増加1,164百万円によるものであります。
 純資産額は、親会社株主に帰属する当期純利益200百万円及びその他有価証券評価差額金の増加80百万円により、8,872百万円となりました。

 当社グループの資本の財源及び資金の流動性については次のとおりであります。

(キャッシュ・フロー)

 当社グループの資金状況につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 (1)経営成績等の状況の概要 ②キャッシュ・フローの状況」の項目をご参照ください。

(契約債務)

 2023年3月31日現在の契約債務の概要は以下のとおりであります。

 

年度別要支払額(千円)

契約債務

合計

1年以内

1年超3年以内

3年超5年以内

5年超

長期借入金

19,800

19,800

 

(財務政策)

 当社グループは、運転資金及び設備資金につきましては、内部資金または金融機関からの借入により資金調達することとしております。このうち、借入による資金調達に関しましては、運転資金については短期借入金で、賃貸不動産に係る設備投資などの長期資金は、変動金利の長期借入金で調達しております。

 2023年3月31日現在、長期借入金の残高は19,800千円であります。また、当事業年度末において、取引銀行1行との間で合計400,000千円の当座貸越契約を締結しております(借入未実行残高400,000千円)。

 

 セグメントごとの財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。

(投資・金融サービス業)

 営業収益は、金融商品取引の受取手数料1,321百万円(前連結会計年度比14.1%増)、商品先物取引の受取手数料469百万円(同57.7%増)、その他の営業収益と合わせて1,837百万円(同23.8%増)となりました。

セグメント損益は、営業収益353百万円の増加で297百万円の利益(前連結会計年度は37百万円の利益)となりました。

セグメント資産は、前連結会計年度に比べ1,864百万円増加し8,971百万円となりました。

(生活・環境事業)

売上高は、47百万円増の888百万円(同5.6%増)となりました。

セグメント損益は、営業費用の増加49百万円により41百万円の損失(前連結会計年度は27百万円の損失)となりました。

セグメント資産は、前連結会計年度に比べ256百万円増加し1,404百万円となりました。

(スポーツ施設提供業)

売上高は、9百万円増の458百万円(同2.1%増)となりました。

セグメント損益は、営業費用の増加12百万円により25百万円の利益(前連結会計年度比23.4%減)となりました。

セグメント資産は、前連結会計年度に比べ4百万円増加し1,013百万円となりました。

(不動産業)

売上高は、48百万円増の610百万円(同8.5%増)となりました。

セグメント損益は、239百万円の利益(前連結会計年度比0.5%減)となりました。

セグメント資産は、前連結会計年度に比べ297百万円減少し5,468百万円となりました。

(インターネット広告業)

売上高は、顧客数百の増加等により57百万円増の319百万円(同21.9%増)となりました。

セグメント損益は、売上の増加57百万円により19百万円の利益(前連結会計年度比14.7%増)となりました。

セグメント資産は、前連結会計年度に比べ60百万円増加し188百万円となりました。