売上高

利益

資産

キャッシュフロー

セグメント別売上

セグメント別利益

配当(単独)

ROE 自己資本利益率

EPS BPS

バランスシート

損益計算書

労働生産性

ROA 総資産利益率

総資本回転率

棚卸資産回転率


最終更新:

E01737IFRS

3【事業の内容】

 2022年3月31日現在、当社及び関係会社1,140社(連結子会社853社、持分法適用会社287社)から成る当グループは、「IT」「エネルギー」「インダストリー」「モビリティ」「ライフ」の5つのセクターを成長分野として位置付け、関連するビジネスユニットを各セクターに配置しています。また、「オートモティブシステム」を上記の5つのセクターに並ぶ位置づけとし、上場子会社グループである日立建機及び日立金属の2つのセグメント及びその他を加えた合計9セグメントにわたって、日立グループは、製品の開発、生産、販売、サービスに至る幅広い事業活動を展開しています。

(注)2022年4月1日から、経営の効率化とスピードアップのため、事業特性の近い事業をまとめ、「デジタルシステム&サービス」「グリーンエナジー&モビリティ」「コネクティブインダストリーズ」の3つのセクターに構成をシンプル化し、「オートモティブシステム」、上場子会社グループである日立建機及び日立金属の2つのセグメント及びその他を加えた合計7セグメントに変更しています。

 

 日立の強みは、高品質・高信頼のプロダクトに加え、製造現場の機器・システムや鉄道、発電所などの社会インフラを動かすOT (Operational Technology:制御・運用技術)、最先端のIT を併せ持ち、お客さまや社会の課題を解決するデジタル技術を活用したソリューションを提供できることです。

 

※画像省略しています。

 社会やビジネスが生み出すデータが増え続ける現在、これらのデータから新たな価値を創出し、イノベーションを加速するためのエンジンが日立のLumada(ルマーダ)です。Lumadaとは、お客さまのデータから価値を創出し、デジタルイノベーションを加速するための、日立の先進的なデジタル技術を活用したソリューション、サービス、テクノロジーの総称です。Lumadaという名称は、“illuminate(照らす・輝かせる)”+“data(データ)”に由来しています。これは日立の培ったOTにIT、プロダクトの強みを掛け合わせることで生まれました。ITやIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の発展に伴い、社会やビジネスにおける活動から生み出されるデータは加速度的に増え続けています。日立では、これらのデータを未来の社会における新たな価値の源泉として注目し、大量のデータを活用して世の中に向けてイノベーションを創出するビジネスとして、2016年にLumada事業を立ち上げました。

 Lumada 事業は、顧客の経営課題を理解した上で、その解決方法を設計・実装し、運用・保守するとともに次の課題解決に取り組むという顧客との価値協創のサイクルを、データ分析やAIといったデジタル技術を活用して構築するビジネスです。プロダクトの売り切りで終わるのではなく、フィー収入などソリューションの提供価値に基づく収益モデルを構築するために、「OT×IT×プロダクト」の強みを生かし、様々な業種・業務に関するノウハウを商材化し、複数のお客さまに提供可能なデジタルソリューションへと転換することで、Lumada 事業の拡大を図っています。

 各セグメントにおける主な事業内容と当社のビジネスユニット(BU)及び主要な関係会社の位置付けは、概ね次のとおりです。

 

 

(2022年3月31日現在)

主な製品・サービス

BU及び主要な関係会社

BU

関係会社

IT

デジタルソリューション(コンサルティング、ソフトウェア、クラウドサービス、システムインテグレーション、制御システム)、

ITプロダクツ(ストレージ、サーバ)、ATM

金融BU

社会BU

サービス&プラットフォームBU

 

 

 

〔連結子会社〕

日立情報通信エンジニアリング、

日立チャネルソリューションズ、

日立ソリューションズ、

日立システムズ、

GlobalLogic Worldwide Holdings、

Hitachi Computer Products (America)、

Hitachi Global Digital Holdings、

Hitachi Payment Services、

Hitachi Vantara

エネルギー

エネルギーソリューション(原子力、再生可能エネルギー、火力、パワーグリッド)

原子力BU

エネルギーBU

パワーグリッドBU

〔連結子会社〕

日立GEニュークリア・エナジー、

日立プラントコンストラクション、

日立パワーデバイス、

日立パワーソリューションズ、

Hitachi Energy

インダストリー

産業・流通ソリューション、

水・環境ソリューション、

産業用機器

産業・流通BU

水・環境BU

 

〔連結子会社〕

日立産機システム、

日立インダストリアルプロダクツ、

日立産業制御ソリューションズ、

日立プラントサービス、

Hitachi Industrial Holdings Americas、

JR Technology Group、

Sullair

〔持分法適用会社〕

日立国際電気

モビリティ

ビルシステム(エレベーター、エスカレーター)、

鉄道システム

ビルシステムBU

鉄道BU

〔連結子会社〕

日立ビルシステム、

日立電梯(中国)、

Hitachi Rail

ライフ

生活・エコシステム(家電、空調)、計測分析システム(医用・バイオ、半導体、産業)

〔連結子会社〕

日立グローバルライフソリューションズ、

日立ハイテク

〔持分法適用会社〕

Arcelik Hitachi Home Appliances、

Johnson Controls-Hitachi Air Conditioning Holding (UK)

オートモティブシステム

オートモティブシステム(パワートレイン、シャシー、先進運転支援、二輪)

〔連結子会社〕

日立Astemo、

Hitachi Astemo Americas

日立建機

油圧ショベル、ホイールローダ、マイニング機械、保守・サービス、土木施工ソリューション、鉱山運行管理システム

〔連結子会社〕

日立建機

日立金属

特殊鋼製品、素形材製品、磁性材料・パワーエレクトロニクス、電線材料

〔連結子会社〕

日立金属

その他

光ディスクドライブ、

不動産の管理・売買・賃貸

〔連結子会社〕

日立エルジーデータストレージ、

日立リアルエステートパートナーズ、

Hitachi America、Hitachi Asia、

日立(中国)、Hitachi Europe、

Hitachi India

(注)1.Hitachi America, Ltd.、Hitachi Asia Ltd.、日立(中国)有限公司、Hitachi Europe Ltd.及びHitachi India Pvt. Ltd.は、当グループの米州、アジア、中国、欧州及びインドにおける地域統括会社であり、当グループの製品を販売しています。

2.Hitachi Global Digital Holdings LLCは、2022年4月1日付でHitachi Digital LLCに商号を変更しました。

3.上表の他、2022年3月31日現在の主要な持分法適用会社として、㈱日立物流があります。

EDINET