売上高

利益

資産

キャッシュフロー

セグメント別売上

セグメント別利益

配当

ROE 自己資本利益率

EPS BPS

バランスシート

損益計算書

労働生産性

ROA 総資産利益率

総資本回転率

棚卸資産回転率


最終更新:

E03173 Japan GAAP

売上高

1,426.5億 円

前期

1,307.1億 円

前期比

109.1%

時価総額

673.7億 円

株価

6,240 (06/14)

発行済株式数

10,796,793

EPS(実績)

399.47 円

PER(実績)

15.62 倍

平均給与

565.8万 円

前期

553.1万 円

前期比

102.3%

平均年齢(勤続年数)

40.7歳(11.9年)

従業員数

940人(連結:992人)

株価

by 株価チャート「ストチャ」

3【事業の内容】

 当社グループは、当社及び子会社2社で構成され、スーパーマーケット事業を主な事業内容としております。
当社グループの事業に係る位置付けは、次のとおりであります。

 なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。


(1)スーパーマーケット事業
 主要な商品は生鮮食料品、一般食料品、日用雑貨他であり、当社が販売を行っております。また、生鮮食料品の一部は、子会社彩裕フーズ株式会社が加工しており、当社店舗の清掃・管理サービスを子会社マミーサービス株式会社が行っております。

(2)その他の事業
 子会社マミーサービス株式会社が温浴事業と葬祭事業を行っております。

以上述べた事項を事業系統図によって示すと次のとおりであります。

[事業系統図]

※画像省略しています。

 

23/12/22

4【経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

(1)経営成績等の状況の概要

当連結会計年度における当社グループ(当社及び連結子会社)の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フロー(以下「経営成績等」という。)の状況の概要は次のとおりであります。

①財政状態及び経営成績の状況

当社グループ(当社及び連結子会社)は食生活を通じて地域のお客様の健康と笑顔あふれる豊かな人生を応援するEnjoy Life !(注)のグループコンセプトのもと2023年9月期は以下の取り組みに注力してまいりました

 

(注)「Enjoy Life !」は、お客様に毎日の食生活を通じて、健康で笑顔あふれる豊かな人生を楽しんでいただくことを応援する、マミーマート独自のコンセプトです。健康寿命(日常生活に制限のない期間)という想いを胸に、マミーマートに関わる全ての人生を笑顔であふれるものにしたいと考えております。

 

〔生産性の高い魅力ある新フォーマット店舗の確立〕

「生鮮市場TOP!」として5店舗、「マミープラス」として2店舗の計7店舗を新フォーマットとして改装出店いたしました。生鮮市場TOP!(2019年以降)、マミープラス(2022年以降)ともに、改装後は継続して来店客数が前年を上回って推移しております。

「生鮮市場TOP!」

「行くのが楽しくなる食の専門店」のコンセプトのもと、生鮮品は、鮮度・品質・価格にこだわり、日配品とグロサリーはEDLP(エブリデイ・ロープライス)で地域一番価格を打ち出しております。料理好き、食好きのお客様へ「他にはない買い物体験を」していただくことを目指してまいります。

生鮮市場TOP公式のインスタグラムを開設し、お客様にいつでも新鮮な情報発信をするとともに、貴重なタッチポイントとしても大いに好評を得ております。

「マミープラス」

新たな業態へのチャレンジとして、「お客様にプラスの価値を感じてもらう店舗」のコンセプトのもと、日々の食生活をサポートし、お客様に「家計にプラス、満足をプラス、美味しさをプラス」の3つを感じてもらう店舗作りを目指しております。飛躍的な低価格実現のため、生鮮品の店内加工商品を工場加工へシフト、店内陳列作業の省力化による生産性改善、セルフレジの導入等、徹底したローコストオペレーションに努めております。

 

当社グループの強みである惣菜の開発・製造に一層注力した結果、「お弁当・お惣菜大賞2023」において10年連続となる受賞を達成するとともに、お弁当2品は最優秀賞を受賞しました。これらを含め、惣菜・弁当・スイーツにおける累計受賞数は、スーパーマーケット業界としては最多の90品となりました。

 

〔高い店舗生産性を支える仕組みの構築〕

精肉・惣菜の自社製造工場である彩裕フーズでは、精肉専用の第二工場を2022年2月に設立いたしました。

2023年9月期では、彩裕フーズの惣菜工場の拡大工事を行っております。これにより、当社の独自化、差別化につながる惣菜と精肉の商品力を強化するとともに、さらなる生産能力の拡大、品質改善を図ってまいります。

 

また、増加する物量と上昇するエネルギーコスト等に対応した効率的な店舗配送の実現へ向け、第二の拠点となる物流センターを埼玉県三郷市にて2022年7月より稼働開始しました。 店舗運営においては、AI自動発注、LSPといったデジタル関連投資を積極的に行うとともに、品出し等の一般作業とレジ作業の部門を統合し、LSPとの相乗効果によりムリ・ムダ・ムラを減らした生産性の高い人員体制を構築いたしました。

 

〔店舗との繋がりを通じた地域の笑顔への貢献〕

当社は地域の全てのお客様に楽しくお買い物していただくという考えのもと長年に亘り日本補助犬協会の活動を支援しております当期は2006年から実施する店内募金箱の設置に加えてお取引先様との共同企画として食べて応援しよう!日本補助犬協会キャンペーンを開催いたしましたまた新たに補助犬ふれあいイベントを所沢山口店(埼玉県所沢市)で開催し補助犬のお仕事デモンストレーション手作りグッズの販売等を通じてお客様と補助犬とのふれあいの場を設けました今後もより多くの方に補助犬へのご理解ご支援をいただけるような活動を継続してまいります

 

当社はグループコンセプトであるEnjoy Life!の考え方に基づき2020年7月からUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)の公式支援窓口である国連UNHCR協会に店舗スペースの一部を無償提供しております当社店舗での国連難民支援キャンペーン開催回数は合計50回を超え2022年12月には国連UNHCR協会より当社の活動協力に対する感謝状をいただきましたその他、「トルコ南東部地震救援募金などグローバルな人道支援を行っております

 

2023年9月30日現在の店舗数は、79店舗(マミーマート52店舗、生鮮市場TOP!21店舗、マミープラス4店舗、温浴事業1店舗、葬祭事業1店舗)となっております。

 

(a)財政状態

当連結会計年度末における資産につきましては、前連結会計年度末に比べ、5,508百万円増加し、66,428百万円(前期比9.0%増)となりました。これは主に、現金及び預金が4,068百万円増加したことによるものであります。

当連結会計年度末における負債につきましては、前連結会計年度末に比べ、3,557百万円増加し、32,413百万円(同12.3%増)となりました。これは主に、買掛金が7,676百万円増加したことによるものであります。

当連結会計年度末における純資産につきましては、前連結会計年度末に比べ、1,951百万円増加し、34,014百万円(同6.1%増)となりました。これは主に、親会社株主に帰属する当期純利益の計上による利益剰余金が3,600百万円増加したことによるものであります。

 

(b)経営成績

当連結会計年度の経営成績は、売上142,647高百万円(前期比9.1%増)、連結営業利益は5,898百万円(同18.9%増)、経常利益は6,387百万円(同17.7%増)、親会社株主に帰属する当期純利益4,313百万円(同26.0%増)となりました。

 

セグメント別の営業の状況は以下のとおりです。

[スーパーマーケット事業]

売上高   142,232百万円(前期比9.1%増)

セグメント利益  5,843百万円(同18.7%増)

 

[その他の事業]

売上高     414百万円(前期比11.7%増)

セグメント    55百万円(前期比40.2%増)

 

②キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物(以下、「資金」という)は、前連結会計年度末に比べ4,068百万円増加し6,907百万円となりました。当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動により得られた資金は、14,713百万円(前期は4,328百万円の収入)となりました。これは主に法人税等の支払額1,452百万円があったものの、税金等調整前当期純利益5,930百万円及び仕入債務の増加額7,676百万円を計上したことによるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動により使用した資金は、2,505百万円(前期は2,833百万円の支出)となりました。これは主に有形固定資産の取得による支出が2,336百万円あったことによるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動により使用した資金は、8,139百万円(前期は1,914百万円の支出)となりました。これは主に短期借入金の返済による支出3,300百万円及び自己株式の取得による支出1,814百万円があったことによるものであります。

 

③生産、受注及び販売の実績

a.販売実績

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2022年10月1日

至 2023年9月30日)

前年同期比(%)

スーパーマーケット事業(百万円)

142,232

109.1%

その他の事業(百万円)

414

111.7%

合計(百万円)

142,647

109.1%

(注)1.セグメント間の取引については相殺消去しております。

2.総販売実績に対し、10%以上に該当する販売先はありません。

 

b.仕入実績

セグメントの名称

当連結会計年度

(自 2022年10月1日

至 2023年9月30日)

前年同期比(%)

スーパーマーケット事業(百万円)

108,384

110.1%

その他の事業(百万円)

122

110.8%

合計(百万円)

108,506

110.1%

(注)セグメント間の取引については相殺消去しております。

 

(2)経営者の視点による経営成績等の状況に関する分析・検討内容

経営者の視点による当社の経営成績等の状況に関する認識及び分析・検討内容は次のとおりであります。なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において判断したものであります。

 

①財政状態及び経営成績の状況に関する認識及び分析・検討内容

(a)財政状態の状況

当連結会計年度の財政状態の状況につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 ①財政状態及び経営成績の状況 (a)財政状態」に記載しております。

(b)経営成績の分析

当連結会計年度の経営成績の分析につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 ①財政状態及び経営成績の状況 (b)経営成績」に記載しております。

 

②キャッシュ・フローの状況の分析・検討内容並びに資本の財源及び資金の流動性に係る情報

(a)キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度のキャッシュ・フローの状況につきましては、「第2 事業の状況 4 経営者による財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析 ②キャッシュ・フローの状況」に記載しております。

(b)資本の財源及び資金の流動性についての分析

当連結会計年度の資金の状況は、業績の堅調な推移によりキャッシュ・フローを創出でき、営業活動によるキャッシュ・フローにより得られた資金により、店舗の改装や、借入金の返済等を行いました。

この結果、現金及び現金同等物は前連結会計年度末に比べ4,068百万円増加して6,907百万円となりました。

 

③重要な会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定

当社グループの連結財務諸表につきましては、わが国において一般に公正妥当と認められる会計基準に基づき作成しております。連結財務諸表の作成に当たって用いた会計上の見積り及び当該見積りに用いた仮定のうち、重要なものについては、「第5〔経理の状況〕1〔連結財務諸表等〕(1)連結財務諸表[注記事項](重要な会計上の見積り)」に記載のとおりであります。

 

④経営成績に重要な影響を与える要因について

経営成績に重要な影響を与える要因については、「第2 事業の状況 3 事業等のリスク」に記載のとおりであります。